ゴードン・モデルとは

セカンド・ウィンド株式会社は、社員研修、管理職研修、中堅社員研修、新人社員研修としての研修プログラムである米国ゴードン・トレーニング・インターナショナル(GIT)社のL.E.Tリーダー研修を日本で唯一提供しています。

ゴードンモデルとは

相手の行動によって不都合や問題が生じた場合、直面している問題や状況を整理し、5つの主要なスキルを使い、解決へと導く実践的なモデルです。誰が問題を所有しているのかを『問題の所有権』というシンプルな基準を使い、行動の窓というダイアグラムの中で区分します。

つまり『私が問題を持つ』『相手が問題を持つ』『問題のないエリア』『私たちが問題を持つ』エリアのいずれかにプロットします。すると自ずと、リーダーとしての自分が部下・同僚などとのコミュニケーションにおいてどのスキルをいつ、どのように使うべきか明らかになります。

5つの主要なスキルは『アクティブ・リスニング』『対決的I-メッセージ』『ギア・シフト』『メソッドⅢ』『価値観の衝突』があります。

行動の窓とは・・・

行動の窓すべての人間関係において問題が起きないことは皆無です。
ゴードン博士は、グラフィック・ツールを用いて、これらの問題を正確に把握する方法―――誰が問題を所有しているのか、そして、どのように解決するのか―――を提供しました。

そして、このグラフィック・ツールのことを『行動の窓』と名付けました。

『行動の窓』を使って、どのコミュニケーション・スキルをいつ、どのように使ったらよいかが理解できます。これを理解することで、人の性格タイプを理解しようとか、懲罰を与えようとか、不必要なことを回避することができます。

行動の窓

アクティブ・リスニングとは・・・

相手が話している内容を理解し、相手に理解した内容を確認し、返していくリスニングの技法です。アクティブ・リスニングを行なうことで、相手は自分のメッセージが理解されたことを確認できます。もし理解していなくても、相手はそれを正す機会を得ることができます。

重要なのは、このアクティブ・リスニングは、あなたが相手の考えや感情を受容していることを伝えるものであるということです。

対決的I-メッセージとは・・・

相手の行動によって自分のニーズを満たすことができない時、この対決的I-メッセージでは3つの構成要素を含む私に関するメッセージを相手に伝えます。

  • (1)非難しないで相手の行動を描写
  • (2)具体的で明確な私への影響
  • (3)それらの影響についての私の気持ち

ギア・シフトとは・・・

対決的I-メッセージを送った後、相手は防衛的に反応することがあり、私たちは行動を素直に変えてあげようと思ってもらえないことの方が多いでしょう。

そのような時、対決的I-メッセージのスキルから、相手の考えや感情を聴くアクティブ・リスニングのスキルにギア・シフトして返していきます。

そして相手の感情の温度が下がってきた時に再び、対決的I-メッセージを送ります。

メソッドⅢとは・・・

対決的I-メッセージを送っても相手にも譲れないニーズがあり、双方のニーズが対立してしまう場合があります。

その際、一方あるいは双方が具体的な影響を経験しているような場合には、対立解決法であるメソッドⅢにより、双方にとってベストな解決策を見つけることができます。

価値観の衝突とは・・・

対決的I-メッセージを送っても相手には譲れない価値観があり、お互いに具体的な影響はないものの、平行線に終わる場合があります。

そのような対立を、価値観の衝突と呼び、解決へ導くオプションの一つ、あるいはいくつかを使って対処することができます。

ゴードン・モデルを開発したトーマス・ゴードン博士(Dr. Thomas Gordon)は、コミュニケーション・スキルと対立解決法を親、教師、若者、企業・組織のマネジャーや従業員向けに教えた、コミュニケーション能力開発のパイオニアです。Gordon Training International(GTI)社の創設者で、臨床心理学者です。

1997年、1998年、1999年にノーベル賞候補にノミネートされました。1999年には、心理学を広く一般に普及させたことを認められ、米国心理学財団よりゴールド・メダル・アワードを受賞し2000年には、カリフォルニア心理学協会よりライフタイム・アチーブメント・アワードを受賞しました。

ゴードン・モデルは、問題自体は人びとが生来的に持っているものではなく、人間関係の中で発生する――つまり、お互いのコミュニケーションの方法によって起こる――という気づきから始まりました。

ゴードン・モデルが他のコミュニケーション・プログラムと異なり、Day 1から実践で大いに役立つ理由の一つは、『アクティブ・リスニング』や『No-Lose対立解決法』などのスキルをいつ、どのように使うかに関して、『行動の窓』というユニークなグラフィック・ツールを使い、わかりやすく合理的に説明しているからです。

プログラムに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

セカンド・ウィンド 株式会社
お問い合わせ〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-8-10-601 エスタシオン高円寺


お問い合わせ