In-House L.E.T.認定トレーナー制度

セカンド・ウィンド株式会社は、社員研修、管理職研修、中堅社員研修、新人社員研修としての研修プログラムである米国ゴードン・トレーニング・インターナショナル(GIT)社のL.E.Tリーダー研修を日本で唯一提供しています。

In-House L.E.T.認定トレーナー制度

弊社では、社内研修としてL.E.T.ワークショップを導入したい企業様のために、In-House L.E.T.認定トレーナー制度を設けております。

In-House制度とは?

全本制度は、企業様が弊社の提供するワークショップを受講していただく際、弊社あるいは代理店を通して受講していただく代わりに、企業様の研修ご担当者様にIn-House L.E.T.認定トレーナーとなっていただいた上で、研修ご担当者様が企業様内部の講師としてL.E.T.ワークショップおよび弊社がゴードン・トレーニング・インターナショナル社とライセンス契約を締結しているその他プログラム(「L.E.T.ワークショップ等」)を企業様内部で実施していただくための制度です。

In-House制度の利点

In-House制度の場合、企業様の研修ご担当者様が弊社規定のIn-House L.E.T.認定トレーナーとなるため、受講料が最大50%Offになります。もちろん、弊社からL.E.T.認定トレーナーを招いて各種ワークショップを開催していただくことも可能ですが、講師報酬が上乗せされるため講座開講費用は定価でのご案内となり、企業様への負担となる可能性があります。そのため、継続的に弊社のワークショップを開催したいとお考えの企業様につきましては、研修ご担当者様にIn-House L.E.T.認定トレーナーとなっていただいた上で、企業様の内部講師としてL.E.T.およびその他、弊社が提供しているワークショップを企業様内部で実施していただくことをお勧めいたします。

また、In-House制度を利用していただく場合、企業様特有の問題を実際の事例としてワークショップに取り入れていただくことも可能です。さらに、企業様のご要望に合わせまして、ロールプレイ・カードの内容を企業様が抱える問題を題材にカスタマイズしたものを作成いたします。

※ ロールプレイ・カードについてカスタマイズのご要望をいただいた場合は、制作費として別途実費をご請求させていただきます。

In-House制度を導入していただくまでの流れ

本制度を導入していただくための手順は以下の通りです。

  • 1.研修担当者様にL.E.T.(3日間コース)を受講していただきます。
  • 2.L.E.T.(3日間コース)を修了していただいた方にL.E.T.認定トレーナー養成講座を受講していただきます。
  • 3.L.E.T.認定トレーナー養成講座を受講後、初回担当される研修に、弊社のL.E.T.認定トレーナーをアテンドさせていただきます。
  • 4.初回の担当研修終了後、弊社から認定トレーナーの資格を授与いたします。
  • 5.資格授与後、弊社と企業様でIn-House契約を締結します。
  • 6.契約締結後、企業様内部においてL.E.T.認定トレーナー養成講座を除く弊社がゴードン・トレーニング・インターナショナル社とライセンス契約を締結している各講座を開講していただけます。※

※L.E.T.認定トレーナー養成講座については、L.E.T.認定マスター・トレーナーの資格が必要となるため、In-House契約の対象外となります。

※その他詳細についてはこちらからお問い合わせください。

プログラムに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

セカンド・ウィンド 株式会社
お問い合わせ〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-8-10-601 エスタシオン高円寺


お問い合わせ